代表理事及び顧問の紹介

原 哲也(代表理事)

Tetsuya Hara
言語聴覚士・社会福祉士
一般社団法人WAKUWAKU PROJECT JAPAN代表理事

1966年生まれ、千葉県出身。明治学院大学社会学部社会福祉学科卒業後、単身カナダに渡り、ブリティッシュコロンビア州の障害者グループホームに勤務。カナダ政府外郭団体のインディアン支援プロジェクトにも参画。その後、ヨーロッパ・インドで、障害児者施策、貧困層の生活地域リサーチを行う。

帰国後、25歳で東京都文京区の障害者施設職員に。27歳で国立身体障害者リハビリテーションセンター学院に通学。東京大学耳鼻咽喉科・附属病院などで研修。言語聴覚士の資格を取得。29歳から小児障害児リハビリテーション専門職として、長野県の病院や市区町で、発達相談や、障害児の巡回相談業務に携わる。年間600件、現在まで6000件以上の相談経験を持つ。並行して会社を立ち上げ、飲食店の経営をしながら障害者雇用の創出を試みる。2015年10月に一般社団法人WAKU WAKU PROJECT JAPANを創設。発達障害児・障害当事者・保護者活動への支援及び諏訪圏域の乳幼児を持つ保護者応援拠点CAFE「L23CAFE(えるにじゅうさんかふぇ)」を長野県諏訪市に創立。
東京医薬専門学校の特別講師、講演会の実績多数。

代表的な過去実績

全国学会発表

2001 聴覚障害児のインテグレーションとアフターケア-全国の聾学校への実態調査-(音声言語医学会)
2002 視・聴覚障害を伴う重度脳性麻痺学童児との関わり」(日本言語聴覚士学術集会)
2003 重度知的障害児の自己決定力獲得を支援する臨床の試み(日本言語聴覚士学術集会)
2004 言語聴覚士と学校の連携についてのアンケート調査(日本コミュニケーション障害学術講演会)

原著論文

2004コミュケーションパートナートレーニングが脳性麻痺児との相互交渉に与える効果(日本コミュ障害学会)

講演

松本市、箕輪町、諏訪市、辰野町、伊那市などでの行政関係者への講演

コンサルテーション

県内特別支援学校

2016年12月以降の講演・コンサルテーション・指導のご依頼はメールもしくはお電話で承ります。

講演、支援内容例
■医療、教育、福祉関係
〇発達障害児支援、コミュニケーション障害、発音、吃音等の講演
〇特別支援学校、特別支援学級、保育園、幼稚園、各種自治体における巡回相談やコンサルテーション
〇子育てに関する講演

■親の会
〇発達障害児との関わり、言葉の発達、発達障害児とその兄弟、発達障害の生活課題への対応
〇障害者就労に関する講演
〇各種発達相談

■児童発達支援事業、発達支援センター、放課後等デイサービス
〇言語・コミュニケーション障害関連に関する勉強会
〇スタッフ指導、事例検討会バイザー
〇言語コミュニケーションに関する講演
〇コンサルテーション
〇開業に関するアドバイス

■新聞社、テレビなどの取材、報道
〇上記関連内容について

顧問 榊原洋一先生(アドバイザー)

YOUCHI SAKAKIHARA
小児科医

経歴

1951(昭和26)年12月15日
東京大学理科V類入学。
1976年東京大学医学部卒業後、同学附属病院小児科にて研修。
現在は、発達障害の臨床的研究、発達障害児の保育、子どもの生育環境とその発達への影響、国際医療協力を主な研究対象としている。

著書・監修書

「オムツをしたサル」(講談社)、「集中できない子どもたち」(小学館)、「多動性障害児」(講談社+α新書)、「アスペルガー症候群と学習障害」(講談社+α新書)、「ADHDの医学」(学研)、「はじめての育児百科」(小学館)、「Dr.サカキハラのADHDの医学」(学研)、「子どもの脳の発達 臨界期・敏感期」(講談社+α新書)など。

顧問 北出勝也先生

KATSUYA KITADE
視機能トレーニングセンターJoyVision代表
米国オプトメトリスト(検眼士)

経歴

1991年 関西学院大学商学部卒業
1993年 名古屋キクチ眼鏡専門学校 専攻科 卒業
1993年 米国留学スタート
1994年 米国オレゴン州パシフィック大学オプトメトリースクール入学
1998年 米国ワシントンDCの子供の視機能問題を専門に扱うクリニックにて研修を受けがんばっている子供たちを見て、日本の視機能問題を抱える子供たちの応援をすることを決意する。
1999年 パシフィック大学オプトメトリースクール卒業 ドクターオブオプトメトリーを取得、帰国後、視機能トレーニングセンターJoyVisionを開設
米国ヴァージニア州 オプトメトリスト(検眼士)開業資格を取得

著書・監修書

『学ぶことが大好きになるビジョントレーニング』(図書文化社)、『発達障害の子のビジョン・トレーニング』(講談社)など多数。

↑